ハムスターかわいい2

ハムスター、ケージの近くに行くとものすごい勢いで寄ってくるので、あれこいつもしかして俺のこと好きなの…?って勘違いさせてくれるし、そういう愛嬌ってすごく大事だよねって自分のペットのトカゲ見て思ったりしています。一瞥もくれないからね基本的に。流石に姿を見て隠れたりはしなくなりましたけど。なんかこう、飼ってるというより、飼われてやってる感がすごいっつうか、そこにいることを許可されている感じすらする。こっちが。そして俺はそっちのほうが好きという気持ちもある。

体重が減ってる

先週ずっと調子悪くて、まあ筋トレとかもしてなかったんですけど、飯はもりもり食ってたというか、体調悪くても食欲がなくなることがないので、なんなら普段より食ってたりするんですけど、体重がぐんぐん減っていて、まあ筋肉が落ちたというか、水分が抜けただけかもしれませんけど、目標体重をあっさり割ったのちょっとびっくりしてしまった。やっぱ一番のダイエットは病気ですね。あっさり痩せる。いいことではない。

ダンケルクを見ました

クリストファー・ノーランの映画、難しいけどクセになるという感じで見てなかったから見てみたら、とにかく疲れた。没入感だけがすごくて正直何が何だかわかってないけどめちゃくちゃ疲れる映画だった。とりあえずトム・ハーディが良かったのと、テネットのケネス・ブラナーがいい役やってて良かったです。しかしとにかくずっと緊迫感あるのものすごかったな。疲れた。

テネットを見ました

見始めてしばらく経ってもあたしテネットちゃんのこと全然わかんない!ってなってましたけど、最後まで見たらまあなんとなくわかったようなわかんないようなくらいのところまでは来たので面白かったですよ。映像やら何やらストーリーを理解できてきた気がするあたりの気持ちよさはあるにはあるっすけど、どうしてもピンときてないので爽快感がそこまでじゃないのよね。そして敵側の目的もピンとこないのでそこまで緊迫感も得られないというか、入り込もうとすると拒絶される感じの映画っつうか、全部わかれば面白いんだろうけど、まあ出来れば一回で全部わかるように作ってもらえると助かるなという気持ちはありました。

仮面ライダーギーツ

赤い帽子の少女がベルトを持ってっちゃうので変身出来なくなるけどどうしましょうかねという感じでしたけど、とりあえずエースくんはたぬきにベルト借りて新フォームに変身していました。来週はパンクジャックと共闘する感じでギロリも変身するっぽいっつうか、あんだけ利用されまくったのに普通にベルト貸しちゃうの人が良すぎるにも程があるじゃんと思いました。ドンブラは何も悪いことをしてないドンブラザーズが暴走したときのために作られていたドンキラーが発動してしまってどうしようって思ってたら、ジロウの田舎にドンキラーキラーのボタンがあったので、押してみたらドンキラーとドンキラーキラーが永遠に宇宙で戦い続けるオチで終わったと思ったら、普通ジロウがペンギン獣人だったっぽいというとんでもないものをぶっこんできて終わりました。まじかよ。

タモリ倶楽部

トイレの回。簡易トイレとかその辺の話でしたけど、飯塚さんが出てると飯塚さんに対するタモリのあたりの強さばっかり気にしてしまうので内容が飛んじゃうんだけど、今回は角田さんがいたのでそうでもなくて良かったです。そうでもなかったけど内容はあんまりおぼえてないです。下品になるとサッキアルミを食う罰ゲームをやっていた。